【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!

灼熱の車内温度を下げる!快適な夏のドライブのためのグッズ紹介!!

梅雨も明けて夏らしいうだるような暑さが続いていますね。夏といえば「花火」や「行楽地」、「旅行」と出掛ける頻度が多くなるシーズンでもあります。

出掛けるとなると車を使う機会も当然のように増えてきます。そんな真夏の車内で、

「ハンドルが熱くて触れない」なんていう経験はありますでしょうか?

真夏に運転をして経験がある人は少なからずあるはずです。

JAFユーザーテスト

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|JAFユーザーテスト

JAFがおこなったユーザーテストによると、黒塗りのクルマが最高57℃、ダッシュボードが最高79℃とかなりの温度になることが実証されてもいます。

そこで今回は灼熱の車内温度を下げ、夏のドライブを快適にするためのグッズ紹介したいと思います。

車内サンシェード

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|車内サンシェード

車内の窓ガラスに貼りつけるだけで遮熱効果が高まり、車内の急激な温度上昇も避けることができます。

さまざまな車種に対応しているので自分の車に合わせたものを選びましょう。

貼りつけてしまえば何もしなくていいので手軽な猛暑対策グッズです。

ハンドルカバー

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|ハンドルカバー

サンシェードは設置が面倒という方にオススメなのがハンドルカバーです。真夏の炎天下で駐車した車に戻った際に熱くてハンドルに触れないことも多いです。

サンシェードよりも設置がラクなうえ、使用しない時はクッションとして使用できるものもあります。デザインも豊富なのでお好みの一品を見つけてみては?

カークッション

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|カークッション

真夏の暑い時期に長時間のドライブをしていると、どうしても背中と座席の接地部分が蒸れてしまいます。そんな悩みを解決してくれるのがカークッションがおすすめです。

天然素材で通気性の良いカバーや冷却マット、冷水が入れられるウォーターパッドクッションなどさまざま。

高機能な専用ファン付きの空調付きシートなどもあります。安価なものだと接地面がずれたりヘタリが早いので、ある程度価格がしてシッカリして長期間使えるものをオススメします。

サンシェード

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|サンシェード

簡単に日差しを遮るならサンシェードがとても便利です。強い日差しをしっかり遮断して車内の温度を確実に下げることができます。

機能にもよりますが価格も1000円〜とかなりお手頃で100円ショップでも入手することができます。最近はかわいいデザインや消臭など機能性のものもあるので、予算に合わせて探してみてください。

サンシェード 車 遮光 遮熱 自動伸縮 自動折畳 プライバシーを保護する 車 サンシェード
MeFe

カーフィルム

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|カーフィルム

万全の日焼けと暑さ対策をするなら紫外線と赤外線を大幅にカットしてくれるカーフィルムをフロントガラス、サイドガラスなどに貼るといいでしょう。

ただし可視光線透過率は70%以上ないと違反になるので注意が必要です。またフィルムを施工するにはある程度の技術が必要なので、業者に頼んでしまうのも良いでしょう。

透明度の高いものでも遮熱効果は抜群なので、紫外線からお肌を守るだけでなく、車内温度の上昇も抑え、エアコンが効率良く使えるようになります。

エンジンスターター

快適度:

【暑さ対策】真夏のドライブを快適にするためのおすすめ商品を紹介します!|エンジンスターター

車を駐車して離れた場所からエンジンをかけてエアコンをあらかじめ掛けてしまえば、涼しい車内にもどることができますよね。そんな魔法のようなことができるのがエンジンスターターです。

なかにはドアロックできるものや温度確認ができるもの、スマホ操作できるものや低価格のものなど種類も豊富です。

もちろん夏場だけでなく冬場の暖機運転にも重宝しますので、自分の予算に合わせて購入してみてはどうでしょうか?

まとめ

車内温度を下げるためのグッズを紹介してきましたがいかがでしょうか?

真夏の車内は人の命を奪いかねない危険な場所にもなりうるので、快適なドライブのためにも車内温度を下げるための工夫をしていきましょう。

それでは快適な真夏のドライブをお楽しみ下さい。

関連リンク

関連動画